2019年01月28日

金子宏・中里実『租税法と民法』(有斐閣2018)



租税法と民法 有斐閣2018

 租税法学の最先端の論文が読める、ということで、このシリーズ出版されるたびに買っているんですが、まあ読む余裕がなくって(主に気持ちの問題)。

 本当なら、読める余裕ができてから買えばいいんですけど、この手の本は初版以降再版されず、すぐに「マケプレのクレプラ」(アマゾンマーケットプレイスのクレイジープライス)になってしまいます。

 ので、いつか買おう、とかやってられずに、すぐ買わざるを得ない(下の三冊を見給え)。

 大学生のころに書店に当たり前に並んでた、あの本やこの本も、ことごとくそんな惨状。

 「オンデマンド版」がわりあい出るようになってきましたが、値段をみて「うひゃあっ」て声が出る感じの(オデマンのクレプラ?)。

【このシリーズ】


租税法の基本問題 有斐閣2007
租税法の発展 有斐閣2010
租税法と市場 有斐閣2014


 いい加減、頑張って一本だけでも読もう、と思って、本書所収の吉村典久「イェーリングは21世紀日本の租税法を救うことができるか?−純粋借用概念論批判」を読んでみました。

 私が抱いていた「借用概念」という概念に対するモヤモヤ・違和感を明確にしてくれる論文で、読んで良かったです。

 結論だけを私なりに要約すると、借用概念なんて余計な概念を経由せずに、直接、租税法規の文脈・構造・体系及び趣旨・目的から解釈すべき、で、結果借用してると解釈できるのであればそうすればいい(借用概念無用論)、ということになりますかね。
 租税法規を解釈したことの結果として借用しているかどうかが決まるのであって、解釈の入口で固有概念か借用概念かを論ずる必要はない、と。

 全面的にそのとおりだなあ、とは思うのですが、前田達明先生の「法解釈論」に関する論文を最近読んだばかりの私からすると、その解釈のスタートは「立法者意思」だ、とされていないのがやや残念(註に「議会の意図」という文言があるので、そこにそういった意味合いを見出すことができるかもしれませんが)。

前田達明「続・民法学の展開 (民法研究 第三巻)」(成文堂2017)


 極めて真面目な論文なんですが、真面目が故に、言い回しがユニークなところがあると余計目立つ。
 ホッブス先生の「リヴァイアサン」を引用したときもそうですが、一見真面目ふうなのに・・、といった文章が好みみたいです。

 いくつか引用させていただきます。

151、158、163頁
「なんでもかんでも借用概念」
(これ、3箇所もでてくる。私が「マケプレのクレプラ」とか「なんちゃって同居」みたいな造語を頻繁に使いがちなのと同じですか(違う)。)

156頁
「借用概念論にかかる思考の入り口でチェックを甘くしたつけが、私法上の用語の意味の模索という統一説に基づく借用概念論にかかる思考の出口の方に回ってきているのである。」

163頁
「借用概念は一般私法の概念と同義に解釈すべしと力んでみたとしても、そもそも一般私法の概念自体の意味内容が曖昧若しくは空疎であるとか、あるいは、複数あるということのため、同一に解釈すべき一般私法の概念の意味内容が特定できないということがある。」

165頁
「統一説に基づく伝統的な借用概念論は、概念法学時代の万古不変の私法理論を前提としているかのようであり、その後の利益法学若しくは価値判断法学の思考に基づく私法の発展の可能性を無視しているのかもしれない。」

166頁
「しかし、私法上の概念の内容についてさえ必ずしも一義的なものがないような現在の状況を見る限り、統一説に基づく伝統的な借用概念論を採れば法的安定性は高まるというのはイルージョンのように思われる。」

【なんちゃって法的安定性といえば】
中里実ほか『租税法概説 第3版』(有斐閣2018)
posted by ウロ at 10:18| Comment(0) | 租税法の教科書

2019年01月21日

前田達明「続・民法学の展開 (民法研究 第三巻)」(成文堂2017)



前田達明 続・民法学の展開 (民法研究 第三巻)  成文堂2017

 研究書で一気読みできたの、久しぶりな気がします。
 論旨が明確で一貫した記述だから、ではないかと思います。

 また、記述の形式が、通常の論文形式のほかに、対話形式だったり、自説への疑問・批判に対してひとつひとつ解答していく、という形式があったりするのも、理解がしやすい要因かもしれません。

 いくつかの論文はネットにアップされていて、すでに読んでいましたが、そのときはよく理解できていませんでした。
 こうやって連続してよむと、そのときよりは理解できた気がします。

【本書に掲載されている論文含めた、「書斎の窓」(有斐閣)掲載の前田論文】
権威への挑戦(上) 2014.1月号(No.631)
権威への挑戦(下) 2014.3月号(No.632)
続・権威への挑戦 2014.11月号(No.636)
続々・権威への挑戦 法規不適用説VS.証明責任規範説 2015.7月号(No.640)
中国からの手紙2016.1月号(No.643)
引き続き「権威への挑戦」 ―― 主張責任と立証責任 2017.03月号(No.650)

法の解釈(上)2016.09月号(No.647)
法の解釈(下) ―― 言語表明 2016.11月号(No.648)
意思表示とは何か 2017年7月号(No.652)
『新注釈民法(15)債権(8)』を読んで 2017.09月号(No.653)
証明責任論争 2018.5月号(No.657)
反制定法的解釈について 2018.9月号(No.659)

前田達明氏の「権威への挑戦」に対する感想 2014.7月号(No.634) (奥田昌道先生)


 構成は以下のとおり。

  第一章 法解釈方法論
  第二章 証明責任論
  第三章 ドイツ民法史論


 第一章は、いわゆる「立法者意思説」という亡霊を召喚しようとするもの。
 あの、ご自身で「亡霊」って書いているので。

 もちろん、立法者意思に絶対的に拘束される、という主張ではなく。

 いきなり自己の価値判断に従った解釈をするのではなく、まずは立法者意思が何かを探求する、で、それが現在において正しくないと判断した場合には、立法者意思に反することを明示した上で解釈をすすめる、という手順をふむと。
 で、これらのことは憲法により根拠づけることができると。


 第二章は、証明責任の分配についての、いわゆる「司法研修所説」(と、それに盲従している学説)に挑戦しようというもの。

 研修所説が、主張責任と証明責任の所在を必ず一致させることに対して、前田説では、証明責任を主観的証明責任(証拠提出責任)と客観的証明責任に分解し、主張責任と主観的提出責任の所在は一致するが、客観的証明責任は必ずしもそれらと一致しない、と主張されています。

 で、こちらの主張も憲法によって根拠づけられると。

 最初に個々の論文を読んでいたときは、私自身も研修所説を当然の前提としていたので、すんなり理解できなかったのですが、複数の論文を通して読むことで、ある程度は理解できた気がします。

 ただ、

 ・主張責任の分配: 民法等の実体要件に忠実に従う
 ・客観的証明責任の分配: 個々の事案ごとに判断する

までは分かるのですが、「主観的証明責任(証拠提出責任)」が、上の2つとは独立して機能する場面というのを具体的に想像することができませんでした。

 主張責任は、主張しないと裁判所に取り上げてもらえない、客観的証明責任は真偽不明になったら不利に判断される、という具体的な効果がそれぞれあるわけです。が、主観的証明責任というのは、どういった効果に結びつくのか。
 現行民事訴訟法では、文書提出命令違反の場合の真実擬制(224条)や時機に遅れた攻撃防御方法の却下(157条)のような、「信義則」(2条)を具体化したような制度があるわけで、それ以外に、主観的証明責任というのが働く場面があるのかどうか。

 ちなみに、おそらくですけど、実務的には「主張責任の所在=証明責任の所在」というルールは変えずに、前田説が言わんとするところは「事実認定」のレベルで調整するんだろうな、という気がします。

 まあしかし、民法学の大家が、こういう権威的な見解にチャレンジするの、読んでいて面白いですね。


 第三章はざっとしか読めていませんが、当時のドイツ民法において、「パンデクテン体系」なんて人工物を導入できた経緯が書かれています。
タグ:専門書 民法
posted by ウロ at 08:58| Comment(0) | 民法

2019年01月15日

三上ちさこ「I AM Ready!」 〜付・音楽と私



 あの、皆さん買ったほうがいいですよ。

 このブログ、Amazonアソシエイトのリンク貼っておきながら、あまり売る気の感じられない紹介が多いのですが、これは全力でお勧めできます。

 私自身、ちゃんとCDを買うアーティストって、他にはBUCK-TICK様くらい。



BUCK-TICK No.0 (通常盤)


 ちゃんとジャケット開いて正座で歌詞見ながら聴くことなんて、本当に久しぶりの体験(正座部分は誇張です。そういう意気込みで、という趣旨)。しかも、シャッフルせずに1曲目から順番に聴いていくという。

 音楽自体聴いていないというわけではなく、通勤中でも事務所で仕事中でも、ずっと音楽かけっぱなしではあるんです。
 が、1枚のCDをしっかり聴く、なんてのは、このところ全然なくって。



SONY NW-ZX300(64GB)

 何を聴いているかといえば、昔に大量に買い込んだCD。
 決して最近の曲ではなく。

 itunesに取り込んだ曲数をみたら43412曲も。全然聴ききれないわけで、これでは最近の曲まで追いつけない。
 
【これの書籍バージョンが】
積読ループ

 昔は、タワーレコードとかに通って、バイヤーお勧めのアーティストを何枚も試聴して、よければ買う、ということをしていました。
 今となっては、事務所の近くにタワーレコードがあるっていうのに、全然行かないし、通りかかっても試聴すらしない。

 このところの「音楽と私」はそんな感じでした。


 三上ちさこさんというのは、元fra-foaのボーカルの、といっても残念ながらご存知の方は少ないですかね、アルバム2枚だけ出して解散してしまいましたし。
 私の場合は、たしかミュージックトマトJAPAN(テレビ神奈川)でPV見て知ったんだったと思います。

 解散後、しばらくソロ活動をしていたものの、音沙汰無くなってしまって。
 この、いつの間にか活動しなくなってしまう、のアーティスト結構いらっしゃって、とても寂しい。
 (ので、BUCK-TICK様のように継続的に活動してくれているのは、とても有り難いわけです。)

 それがまさかの復活。
 ソロ活動でいまいちだったバンドが再結成して昔の曲をやる、みたいな悲しいやつではなくって、完全新曲でパワーアップして帰ってきてくれたわけです。


 そういった、極個人的な思い入れもあり、ただ唄ってくれている、というだけで感極まる。
 もちろん個々の曲も、気持ちが前向きになれる素敵な曲ばかり。

 あえていえば、ひとつひとつの歌詞に気持ちが込められているせいで曲に聴き入ってしまい、仕事をしながらの聴き流しがしにくいのが欠点(テレビでいうトイレタイムが無いみたいな)。

 今どきは、YouTubeで視聴もできるわけで、まあ聴いてみてください。

三上ちさこOfficial Channel

 ぜひこれからも永く活動し続けて欲しいものです(ということで、皆さんCD買って応援しましょうということ)。
posted by ウロ at 10:10| Comment(0) | 音楽と私

2019年01月07日

金子智朗「経営分析の超入門講座」(秀和システム2012)



 財務分析とか経営分析とか決算書の読み方とか、もの凄い沢山の書籍が出てるじゃないですか。
 あの手この手で微妙に角度変えて。

 これだけ出版されててもまだ新刊出続けてるっていうのは、それなりに売れるんですかね。
 ダイエット本みたいな。

 全部読んだら、最強本が見つかるのかもしれませんが、まあ探しきれませんよね。
 いい加減、決定版みたいのが出てくれてもいいと思うんですけど。

・自己啓発本 ⇒とりあえずカーネギー
・ビジネス本 ⇒とりあえずドラッカー

みたく。それ以外の本は差分として読む感じで。




 経営分析に関しては、私が読んだ限りではさしあたりこの本でいい気がします。

 フリーキャッシュフローがなんで営業CFと投資CFの合計なのか、とか図を使いつつ理屈を説明してくれてて、はじめてちゃんと理解できた気がします。

 生産性分析のところも、単に割り算の式を書くだけでなく、図を使って、ヒト・モノ・カネで売上高をあげて付加価値を生み出す、の流れをどうやって分析するか、ということを書いてくれてるので、自分なりに図をたどりながら考える、てことができたり。

 あとは、自社の事業にあわせて、自分なりに応用効かせれば足りるかなと。
posted by ウロ at 10:12| Comment(0) | 会計