2017年12月14日

ジオンはあと10年は戦える

 先日、iPhone6Sのバッテリー交換をしてきました。

 今まではキャリアの2年縛りにのせられて2年ごとに機種変更してきましたが、今回ははじめて2年超使うことになりました。

 で、最近バッテリーの%表示が数秒毎にカウントダウンしだす、みたいな現象が生じだして、まさかSIMロック解除したことに対するキャリアの呪いか!とも思ったんですが、まあ寿命そんなものなのかな、と思ってバッテリー交換することにしました。

 iPhone8を買うという選択肢もありますが、バッテリー交換の代わりに買うには、値段がなかなかな感じなので、もうしばらく6Sでいこうと。1年戦争末期におけるリック・ドムぐらいには活躍できるかと。

 Apple Storeまでは遠くていけないので、街の修理屋さんに行くか、Apple認定のサポートセンターに行くか、で、まあ公式のほうが安全かということで、後者のほうに行くことにしました。
 事務所の近くだと、「カメラのキタムラ横浜モアーズ店」が認定店でした。

 もちろん、郵送修理もありますけど、スマホなしに数日過ごすのは、もはや不可能ですよね。何かの修行期間だと思わない限り。

 交換するのに一回データ削除する、というので出かける前にiTunesでバックアップを取っていきました。しかし、私の場合は徒歩でいけるからいいですけど、普段ApplePayとか使っている人は、Suicaのカード別に持っていく感じですか。

 で、診断してもらったんですけど、実は初期不良で無償交換プログラムの対象だったというオチ。知らずに2年超使っていたわけです。


 もし街の修理屋さんに行っていたら、問答無用で交換されてたかもしれないので、公式の方にいっておいてよかったです。

 ちなみに、スマホではないですけど、昔、製造元が決めた保証を、販売店の店員の無知によって受けられなかったことがあったりしたんですけど、さすがにiPhoneの場合はお高めの端末代金払っているだけはあるんですかね。

 と、ここまでは単なる前置きで、本当はiPhoneのことを書きたかったわけではなくって、「カメラのキタムラ」のほうを書きたかったんです。

 というのも、そのお店、カメラが趣味だった数年前に行ったきりだったんで、その頃のイメージで、Apple認定といっても担当者1人とかで隅のほうでまわしてる感じかと思って行ったんです。結構時間待たされるのかなあと。

 当時は、狭い店舗に結構な数の銀塩カメラやレンズが棚に陳列してあって、ジャンク品とかも置いてあったんです。

 ところが、実際はその逆で、メインがAppleの修理コーナーで、カメラは隅の棚にほんのり置いている感じ。しかもほぼデジタル。
 なかなか大胆な業態変更だな、と思いました。カメラとスマホ、どちらも精密機器って意味では同じノリで取り扱えるんでしょうか。

 まあ、ヨドバシカメラとかビックカメラとかあるんで、今更驚くことではないのかもしれませんが、それでもカメラはちゃんと残しつつ、だと思うんです。

 しかし銀塩好きのおじさんの憩いの場、どこに行ってしまったんでしょうか。
posted by ウロ at 11:20| Comment(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: