2018年08月02日

モニ旅。 〜ぼくのPCモニター遍歴

 パソコンモニター、広いほうがいいよね、ということで、事務所はじめてから1年経って、ようやくモニ体制が落ち着いたので、ご報告いたします。

 税法教科書とは違って、こっちは一段落。

(参考)
税法思考が身につく、理想の教科書を求めて 〜終わりなき旅



 まず前提として、パソコン本体はHPの「Elitebook 820 G3」です。なぜこれにしたかというと、本体自体がよさそうだったから、というよりも、「HP UltraSlimドッキングステーション2013」というのが使えるからでした。



 ノートパソコンは持ち運び前提なので、事務所に持ってかえってきたときに、電源ケーブルやらLANケーブルやら、あれこれつなぎ直さないといけないところ、ドッキングステーションがあれば、これにはめるだけで、全部繋がるのでとても便利です。

 HPに限らず、各社似たような製品を出してますので、持ち歩きつつ事務所ではがっつりデスクトップスタイルで使いたい、という方には、この手の商品オススメです。

 デメリットがあるとすると、使える本体が限られているので、本体を自由に選べなかったりします。まあ、今のところ本体に不満があるわけではないですけど。


 このHPのドッキングステーションの一番いいのが、DPポートが×2ついてるところです。これで、本体の画面とあわせて3画面まで表示できるようになります。

 申告書をつくってチェックする、の流れの中では最低限、

  ・申告書作成ソフト
  ・会計ソフト
  ・PDFの資料
  ・Excelデータ

をあっち見たりこっち見たりしながら作業進めていきます。

 ので、これらが同時に表示されていると、狭い画面1画面で作業するのと比べて、通常の3倍以上は効率がいい気がします(数値は体感比。個人差があります)。


 で、モニターの話です。

 私の場合は、ドッキングステーション有りきなので、DPポートがあることが大前提となります。
 購入遍歴は以下のとおり。

 A DeLL P2417H 23.8インチ、IPS、FullHD
 B DeLL P2217 22インチ、TN、WSXGA+
 C DeLL U2717D 27インチ、IPS、WQHD
 D I-O DATA EX-LDQ271DB 27インチ、ADS、WQHD



(※もし購入される方がいらっしゃったら、インチとか選択お間違いされないように。)

 そして、使用遍歴は以下のとおり。

 1 Aと本体画面からスタート。
 2 本体画面が狭いと感じAとBを使う。
 3 Bではスペック落としすぎたことに気づきAとCを使う。
 4 インチと解像度が違うと使いづらいと気づきCとDを使う。

 現時点での結論
 ・デュアるなら、インチと解像度は揃えたほうがいい。
 ・4Kは使ったことないが、文字がWQHDより小さいのはきついと思う。
 ・中途半端な妥協は、結果損する(Bは安さにつられて買いました)。

 皆さんのモニライフに幸あることを願い、この記事を終わりにします。


 オマケですが、モニ旅中に見つけた画像。
61C5-62L5yL._SL1500_.jpg



この商品。私にとってはDPポート無いから検討対象外なんですが、こういうセンス、嫌いじゃない。
posted by ウロ at 10:53| Comment(0) | ガジェット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: