2019年01月07日

金子智朗「経営分析の超入門講座」(秀和システム2012)



 財務分析とか経営分析とか決算書の読み方とか、もの凄い沢山の書籍が出てるじゃないですか。
 あの手この手で微妙に角度変えて。

 これだけ出版されててもまだ新刊出続けてるっていうのは、それなりに売れるんですかね。
 ダイエット本みたいな。

 全部読んだら、最強本が見つかるのかもしれませんが、まあ探しきれませんよね。
 いい加減、決定版みたいのが出てくれてもいいと思うんですけど。

・自己啓発本 ⇒とりあえずカーネギー
・ビジネス本 ⇒とりあえずドラッカー

みたく。それ以外の本は差分として読む感じで。




 経営分析に関しては、私が読んだ限りではさしあたりこの本でいい気がします。

 フリーキャッシュフローがなんで営業CFと投資CFの合計なのか、とか図を使いつつ理屈を説明してくれてて、はじめてちゃんと理解できた気がします。

 生産性分析のところも、単に割り算の式を書くだけでなく、図を使って、ヒト・モノ・カネで売上高をあげて付加価値を生み出す、の流れをどうやって分析するか、ということを書いてくれてるので、自分なりに図をたどりながら考える、てことができたり。

 あとは、自社の事業にあわせて、自分なりに応用効かせれば足りるかなと。
posted by ウロ at 10:12| Comment(0) | 会計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: