2019年11月04日

小林憲太郎「ライブ講義 刑法入門」(新世社2016)

刑法総論・各論の一冊本。
残念ながら、総論・各論が第一部と第二部で別れています。
まあ、それが通例どおりなんですが。



 小林 憲太郎 ライブ講義 刑法入門(新世社2016)

【総論・各論問題】
井田良「講義刑法学・総論 第2版」(有斐閣2018)
井田良「講義刑法学・各論」(有斐閣2016)

 本文240頁程度で、しかも判例が長々と引用されているので、実際のボリュームはもっと少なめ。

 これまでの小林先生の著書と比べると、かなり読みやすくなっています。
 頭のいい人が、ちゃんと我々一般人にレベルをあわせて記述してくれると、とてもわかり易くなるという一例。

 抽象論・具体例の比率が、従前8:2だったのが2:8に逆転したくらいの印象。
 (※あくまで個人の感想です)

 が、やはり説明不足感は否めない。
 入門書ポジションなんだから、判例の長々とした引用を減らして、説明をさらに丁寧にしたほうがいい気がします。

 ご自身でも判例集出されているところですし、詳しくはそちら、で済ませられる。



 小林 憲太郎 重要判例集 刑法総論(新世社2015)

 あるいは、判例と正面から格闘した、こんな本もあるわけですし。



 小林 憲太郎 刑法総論の理論と実務(判例時報社2018)
タグ:入門書 刑法
posted by ウロ at 08:53| Comment(0) | 刑法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: