2021年05月03日

遠藤博也「行政法スケッチ」(有斐閣1987)

 内容については、およそ私が語りえるものではなく。

 表紙デザインがあまりに素敵だったので、思わず撮影。

IMG_3042.jpg

 当初、どこかのおしゃれ書店のブックカバーがついているのかと思いきや。

 決して表紙デザインをおちょくるだけではないのです。
 よいものはよいと、ちゃんと言う。

【表紙デザインイジり】
道垣内正人「自分で考えるちょっと違った法学入門 第4版」(有斐閣2019)
森田果「法学を学ぶのはなぜ?」(有斐閣2020)

 ちなみに、カバーめくった本体にも同じデザインが書かれています。

 名画ペーストだったらたまに見かけますが、これはおそらくオリジナルですよね。
 装幀「遠藤田鶴」とあって、はしがきに絵画の心得があるように書かれていることからすると、もしかしてご本人作なのでしょうか。

 オンデマンド版がでているようです。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/4641913153

 学習書でオンデマンド対応とは珍しい。だいたい研究書・体系書レベルのものが出がちですので。
 学術的な価値の高さが推測される。

 ですが、オンデマンド版になると、カバー・表紙が無デザインになってしまいます。
 もちろん、本は中身が大事ではあるのですが。

 非常にもったいない。



遠藤博也「行政法スケッチ」(有斐閣1987)
posted by ウロ at 10:07| Comment(0) | 行政法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: