2021年01月31日

原田尚彦「行政法要論(全訂第七版補訂二版)」(学陽書房2012)

 いまだに口の中がジャリジャリしている気がする。

高木光「行政法」(有斐閣2015)

 ということで、原田尚彦先生の教科書を読むことにしました。



原田尚彦「行政法要論 全訂第七版補訂二版」(学陽書房2012)

 最新版は2012年出版の「全訂第七版補訂二版」。
 最新の情報を追う、という点ではちょっと厳しい。

 が、この本はそういう使い方をするものではなく。


 ・横書きじゃないし
 ・ですます調でもないし
 ・具体例が豊富なわけでもないし
 ・二色刷りでもないし
 ・図表の類も(ほぼ)ないし

と今どきの工夫を凝らした教科書と対比すると、極めてオーソドックスな部類。

 なんですが、極めて洗練された文章で、非常に読みやすい。
 本当の意味で「初学者でも自然に読み進める」文章です。

 これと同じ印象を受けたのが、林屋礼二先生の民事訴訟法の教科書。



 林屋礼二「新民事訴訟法概要(第2版)」(有斐閣2004)

 こちらも、ひたすら文章が並んでいるだけですが、非常に理解がしやすい(残念ながら、品切れ→オンデマンドで高額化)。


 ものごとを理解する過程には、いろんなアプローチがあるとは思います。
 が、法学の場合、日本語の文章による説得というのが最終的に必要となります。

 その到達点が最高裁の判決文。
 もちろん、最高裁判決が常に説得的であることを意味するものではありません。

【他方で「数理」による税法理解】
浅妻章如「ホームラン・ボールを拾って売ったら二回課税されるのか」(中央経済社2020)

 ということで、本書のような、文章(のみ)による丁寧な説明がされた本を読むことが、法学トレーニングには必須だと思います。


 具体例が豊富というわけでもないのに、理解がしやすかったのはなぜかと思ったんですが。
 たぶん、以下のようなところにあるのではないかと。

 すでに他の行政法の教科書を読んでいて、ある程度の知識が備わっている、というのもあるとは思います。
 が、それだけではなく。

 抽象的な記述の場合、抽象的なまま理解するか、自分の知識・経験でイメージできるものに置き換えるかすると思います(「1+1」からそのまま2を導くか、リンゴに置き換えてイメージするか)。

 他方で、具体的な記述ならすんなり理解できるかというと、そうとは限らず。
 やたらと具体的な記述であっても、自分の中でイメージができないものについては、やはり理解が追いつかない。

 よくあるのが、「判例は事案との関係で理解する必要がある!」とかイキって、裁判所の認定した事実をペチペチ長々と貼り付けている系の判例解説もの。
 が、事実を延々と引用してみても、それは裁判所が判示に必要だとして認定したものにすぎません。

 確かに、「判例の射程が及ぶ・及ばない」を検討する際には、(表向きは)裁判所の認定事実から見極める必要があります。
 が、初学者が当該判決を理解するという段階においては、そのような事実だけ貼り付けられても、まあ理解できないのがほとんど。

 会社法判例なんかが特にそうで、裁判所が認定した事実だけをベタベタ貼り付けたところで、まともに理解できるものではないと思います。

 大垣尚司先生の教科書の記事を書いていて思ったのが、会社法の知識だけがあっても、会社法(判例)を理解するのは困難だということ。

大垣尚司「金融から学ぶ会社法入門」(勁草書房2017)

 会社法以外の法律知識が必要なのは当然として、なぜそんな争いがおきるのか、とか、なぜそういう争い方をするのか、といったことが分からなければ、やはりその判決を理解するのは難しいと思います。
 そして、それは裁判所の認定事実の中に、必ずしも表立って現れるものではない。

 ので、当初の学習段階では、下手に生の判例から始めるのではなく、そういった背景事情もイメージしやすいモデルケースから勉強したほうがいいと思います。

 学生さんが法学の勉強を始めるなら、イメージがしやすい領域から足を踏み入れるのがいいはずです。
 せっかくそういった領域を扱っているのに、全然活かしきれていない本もあったりしますけども。

内田勝一「借地借家法案内」(勁草書房2017)


 例によって話が盛大にずれたので、少しだけ本書に戻ります。

 私人と行政の関係を「侵害排除請求権」「受給請求権」「行政介入請求権」といった権利義務で説明するのは、初学者にとっては理解しやすいと思います。

 もちろん、権利義務のみによって全ての関係性を説明しきれるとしたり、これら権利義務から何かしらの解釈論を導くというのであれば、それは正しくないのでしょう。

 が、典型的な関係性を理解するための説明概念・思考モデルとしては、有用だろうなと。

 私法理論を生のまま行政法に持ち込むのは問題だとしても、民法でいう「私人と私人の権利義務関係」の応用から学習をスタートさせるの、学習法としてはいいと思う。
 いきなり私人と行政の混沌とした法関係に飛び込んでいくのではなく。

 その上で、そこから崩しをいれていくと(守破離)。
posted by ウロ at 17:25| Comment(0) | 行政法

2021年01月25日

高木光「行政法」(有斐閣2015)

 これほどの、砂を噛むような記述に出くわしたのは久しぶり。

 しじみ・あさりのジャリジャリだって、最近は当たらずに済んでいたのに。
 どんなに砂を抜いても、自分だけ当たりがち。
 あと、自分だけ傘、風に飛ばされがち。



高木光「行政法」(有斐閣2015)

 このところ私が、難解・難渋な書籍を避けていた、というだけかもしれません。
 それなりに読書経験を積んできたことで、難渋回避センサーが自動発動していたと。

 今様の税法条文を素読するよりもしんどかったというのが実感。
 今どきは、各自工夫をこらした教科書が執筆されているので、逆に希少種といえなくもない。

 最初に《設例》が掲げられていたので、それを軸に具体的な記述が展開されるかと思いきや。
 ときどき思い出したかのように、設例のあてはめがでてくる以外は、延々と抽象的な記述が続く。

 てっきり、米倉明先生の民法入門書的なコンセプトかと期待したものの、およそそうではなく。

米倉明「プレップ民法(第5版)」(弘文堂2018)

 判例の説明も、事案の記述が薄くて意味が取りにくい。
 学生がこんなレジュメ作ったら、「判例を一般化しがち」と怒られる感じの。

判例の機能的考察(タイトル倒れ)


 もちろん、学術的にはとてもとても高度なことが書かれているのだと思います。

 確かに、お紅茶も用意せずに『濃厚バームクーヘン』をひたすら食べまくっておきながら、「口の中の水分全部もってかれるわボケ!」とクレーム(バームクレーム)をいうとしたら、それはお門違いだと私も思います。
 お前がクーちゃんのこと知らないだけだろうと。

 が、見てくださいよ、amazon記載の宣伝文句。

 わかりやすい行政法教科書の決定版!
 行政法をわかりやすく学ぶ人へ最適のテキスト。初学者でも自然に読み進めることができるよう,基本的な事項を中心に説明。行政救済法を中心に,行政組織法と行政作用法の関連事項にしぼることでメリハリをつけた叙述に成功!

 新しい大地を切り開く基本書の決定版!読みやすいUNIT構成で基本的な事項を分かりやすく解説。行政救済法を中心に、行政組織法と行政作用法の関連事項にしぼることでメリハリをつけた叙述に成功!


 「お紅茶もこちらでご用意しますからお気軽に手ぶらで来てくださいね」ということを言ってますよね、これ。
 むやみやたらとエクスクラメーションマークまでつけちゃってさ。

 これが美辞麗句・社交辞令だとも気づかず、真に受けてお土産も持たずにお伺いした私が世間知らずなだけですか。

【期待だけが高まる宣伝文句といえば】
税法思考が身につく、理想の教科書を求めて 〜終わりなき旅

 およそ「初学者でも自然に読み進める」なんてことはなかったです。

 最初の数ページでしんどくなったものの、この宣伝文句を心から信頼し、もしかしたらどこかから急に面白くなるのかも、と期待してどうにか読みました。
 が、最初から最後まで同じ調子の。

 この宣伝文句を書いた人、ガワだけ眺めて中身をしっかり読んでいないんじゃないですかね。
 制作・編集部門とは別個独立した、宣伝文句クリエイション部門があるんですかね。
 クリエイション部からの御宣託(The Oracle)があると、誰もそれに異を唱えることができない。

 そうとでも言わなければ、ここまでのズレ文を書くのは逆に難しいと思いますよ。
 高木先生ご自身にも失礼なような。

【流れ弾】


 これを「つらい」と言っちゃうのもどうかと思いますが。
 「売らんがな」とのせめぎ合い、ということですか。


 当ブログでは、どんなにアレな本であっても、どうにかネタとして昇華してきました。
 むしろ、ありがとうアクティブ・ラーニング系。逆に、自分で考えながら勉強することができました。

【アクティブ・ラーニング系】
後藤巻則「契約法講義 第4版」(弘文堂2017)
三木義一「よくわかる税法入門 第15版」(有斐閣2020)
小林秀之「破産から新民法がみえる」(日本評論社 2018)
アクティブ・ラーニング租税法【実践編】(実税民まとめ)

 が、今回は無理。バームクーヘンまでが限界。

 一点プラスの評価をするとしたら、カバーデザインが素敵です(本当のガワ)。


 念のため、誤解のないように。

 本書の内容を分かりやすくしろ、などというおこがましい意見は一切主張しておりません。
 ではなくて、内容に即した宣伝文句にしろ、ということを言っております。

 素朴に考えるならば、宣伝文句で釣っても継続的な信頼は得られないのだから、盛る意味ないのでは、となるはず。
 やはり、大学の講義の「指定教科書」としてもらうことが重要であって、個々の購読者の信頼は二の次、ましてやネットで購入する野良ユーザーの信頼なんかゴミクズだと思われているんですかね。

法学研究書考 〜部門別損益分析論


 このように心がかき乱されたときは、お口直し・調子を整える用の入門書を読み直します。



藤田宙靖「行政法入門 第7版」(有斐閣2016)

 ガンシューティングゲームでリロードする、あるいは、リングフィットアドベンチャーでリングコンを下に向ける、的な所作だと理解していただければ。



リングフィット アドベンチャー(Nintendo2019)
※いわゆる定価(8,778円)以上でご購入されないように。


 昔から不思議でたまらないのが、後発の教科書ほど優れたものになるはずだ、という《素朴な》進化論的発想が、法学教科書には通用しないということ。
 単線的な進化をしない、とても現実の生物界っぽいですね。
 
 しかし、後出しジャンケンで負けるってなんなのよ。
 首が短いと高いところの木の葉が食べられない、よーしじゃあ首を長くしよう、が教科書ならできるはずですよね。

 とはいえ、これもあくまで宣伝文句どおりの書物ならば、という前提があっての難癖です。
 そもそも学生にわかりやすい教科書なんか目指していないよ、というならば、それはそれで構わないわけです。宣伝文句で盛らないかぎりは。

 今どきは「試し読み」できるものもあるので、「宣伝文句騙され」は減ってきているのでしょうが、まだまだ根絶には至りません。
posted by ウロ at 11:20| Comment(0) | 行政法

2019年02月18日

大橋洋一「社会とつながる行政法入門」(有斐閣2017)



大橋 洋一  社会とつながる行政法入門 (有斐閣2017)

 入門書の、理想のかたちのひとつ。

 身近な事例を題材に、行政法の基礎概念を学んでいく本。
 どんな事例かというと、目次をコピペ。
 行政法総論と行政救済法をひと通りカバーしてます。

【目次】
1 ライフサイクルと行政法●行政法への招待
2 ごみ屋敷対策●法律による行政の原理を学ぶ
3 一発レッドカード●行政上の一般原則を学ぶ1
4 卑弥呼のライバル登場●行政上の一般原則を学ぶ2
5 お年寄りと子どもを守れ●行政行為を学ぶ
6 水際作戦と孤独死●行政手続を学ぶ
7 保育所落ちたくない●行政基準を学ぶ
8 マンション選びクイズ●行政計画を学ぶ
9 江戸の敵を長崎で討つ●行政指導を学ぶ
10 活かされなかった教訓●事実行為を学ぶ
11 太閤殿下にあこがれて●行政上の義務の実効性確保を学ぶ
12 いじめ事件の真相に迫る●情報公開法を学ぶ
13 タヌキの森はいま●行政訴訟を学ぶ1
14 少女の夢●行政訴訟を学ぶ2
15 ごみ処理の悩み●行政訴訟を学ぶ3
16 生活の糧を守る●行政上の不服申立てを学ぶ
17 ピラミッド崩壊●国家賠償を学ぶ
18 津波から命を守る●損失補償を学ぶ

社会とつながる行政法入門(有斐閣のサイト)


 ただ、事例と基礎概念の説明がメインで、論点チックな記述がほとんどないので、行政法「学」の、学問としての面白さはあまり感じないかもしれません。

 ので、この本で基礎固めをしたら、溢れないうちに上位の教科書に進むのがベスト。
 この本のおかげで、基礎概念に対するイメージづくりがしっかりできているはずなので、抽象的な記述が多い本でも、具体的な事例を思い浮かべながら読み進めることができると思います。

(なお、この手の本における「Coffee Break」と第するコラムのブレイク感の無さは異常。本文とゴリゴリ地続きじゃないですかと。)


 大橋先生的には、そのまま自分の教科書に進んでもらうのがスムース、ということかもしれませんが、私はこの本読んでから藤田宙靖先生の『行政法総論』を読み直したくなりました。



大橋洋一 行政法1 現代行政過程論 第4版 有斐閣2019
大橋洋一 行政法2 現代行政救済論 第3版 有斐閣2018
藤田宙靖 新版 行政法総論 上巻 青林書院2020
藤田宙靖 新版 行政法総論 下巻 青林書院2020

 大橋先生の1が行政法総論、2が行政救済法、藤田先生が一冊で行政法総論+行政救済法なので、ちょうどおなじ範囲をカバー。奇しくも値段も同等(と書いていたのですが、後者が2分冊となり値段もアップ)。

 ちなみに、初学者の方は、普通の教科書へ行く前に、藤田宙靖先生の『行政法入門』を一回挟んだほうがよいかも。
 こちらの本は基礎理論重視なので、大橋先生の入門書では手薄な理論の部分を学ぶことができます。



藤田宙靖 行政法入門 第7版 有斐閣2016
posted by ウロ at 10:19| Comment(0) | 行政法